IT

kaggleのcommit終了をたった1行でslackに通知する方法

!curl -X POST -H 'Content-type: application/json' --data '{"text":"commit done! "}' <your_webhook_url>

この1行でできます!

以下は解説です。

まずはslackのincoming webhook urlを取得する

この方法に関しは優しい記事が多くありますし、公式でも公開しているのでこちらのリンクを掲載しておきます。

公式のincoming webhookの取得方法

特に簡潔にまとめている記事

古い記事ですが詳細にまとめられています

kaggleのnotebook終了通知メッセージを決める

あとは本記事の一番うえの行をコピーしてそのままペーストしてください。

そして <your_webhook_url>となっている箇所を先ほど取得したslackのincoming webhookに変更してください。

またメッセージも自由に変更できます。

‘{“text”:”commit done! “}’

のcommit done!を好きな言葉に変更していただくと、その内容で通知がいきます。

終わった時に通知が飛ばない時は?

ネットワークがOFFになっている可能性がある?

notebookを開いた時に右側に設定がいくつか用意されています。

上から4番目のInternetですが、ここがONになっていないとslackに通知することはできません。

コンペによってはここをOFFにすることが条件になっている場合もあるので、その時は残念ながらOFFにして諦めましょう。

もしくは提出用のnotebookと分けて通知するのもいいかと思います。

素敵なkaggleライフを!

 

kaggle初心者の方にはこちらの本がお勧めです。

初心者におすすめのkaggleコンペは何か、kaggle expertが答えるkaggleを始めようにもどこから始めたらいいか、何から始めたらいいかわからないのが正直なところだと思います。 特に今は複雑なデー...

 

ABOUT ME
mikanlemon
mikanlemon
ズボラとガリ勉が持ちつ持たれつ暮らしてます/《おてんば娘》を育てているので、主に育児の悩み解決策やおすすめグッズを紹介してます/仕事の知識を活かした美容やIT関連記事、引っ越し族ゆえの移住関連記事など/きっとあなたの役にも立てるはず・・・!