美容

シミの原因と予防法〜化粧品選びに役立つ有効成分も紹介!

美容業界で働いていて相談される肌の悩みは、シミ・シワ・ニキビ・くま・毛穴・乾燥・テカリなどが多いです。今回はこの中でシミについて書いていきます。

自分で気をつけているつもりでも増える一方・・・、色々試してみてもよくならないのでもう諦めている・・・という方が多かったので、まずはシミのできる原因から再確認していきましょう。

そもそもシミはなぜできる?

そもそもシミがなぜできてしまうのかがわかれば、予防法や改善策がわかりやすいですよね。

紫外線

皮膚にはメラノサイトという細胞があり、紫外線による刺激を受けると肌を守ろうとしてメラノサイトでメラニンがつくられます。このメラニンが増えすぎたり、正常に排出されないまま溜まってしまったりすると皮膚の表面から黒く見えて「シミ」になってしまうのです。

肌表面からの刺激

また、紫外線だけではなく日々の間違ったスキンケアや癖などによって自ら刺激を与えてしまっている可能性もあります。肌荒れ部分を触りすぎたり、毎日長い時間頬杖をついたりすることでシミができやすくなってしまうのです。

シミを予防するには?

シミの原因がわかったところで予防法について考えてみましょう。

紫外線を防ぐ

地球上に届いている紫外線にはUV-A波とUV-B波があります。UV-A波は室内にいても窓から入り込んで肌に紫外線によるダメージを与えてしまいます。そのため、室内にいる日でも日焼け止めを塗ったり、紫外線によるダメージケアを欠かさないことでシミを防ぎやすくなります。

また、紫外線は曇りの日や冬でも降り注いでいるので、どんな天気の日でもどの季節でも油断しないほうがいいです!季節でいうと夏が特に紫外線が強いイメージですが、じつは春も紫外線が強いので夏になる前に紫外線予防を万全にすることが大切です。

なるべく刺激を与えない

日々のスキンケアや癖によって刺激を与えないことも大切です。スキンケアでは必要以上の圧をかけてしまいがちでその刺激によってメラニンが生成されてしまいます。力の強い指である人差し指を使わずに優しくスキンケアするようにしましょう。

また、よく頬杖をついてしまう癖がある人は頬にシミができやすいなど日々の癖でシミができてしまう場合もあるので無駄に顔を触らないようにするとシミが予防できます!

シミを消すことはできる?

長年定着してしまった濃いシミや、遺伝的な要素の強いソバカスなどは残念ながら自分で消すのは難しいです。しかしシミの濃さやできた時期によっては、薄くなったり目立たなくなるものもあります!

先述したようにシミはメラニンの集まりによって黒く見えるものなので、このメラニンを排出できれば薄くなっていきます。

しかし、長年あるシミはメラニン生成機能がバグを起こしていて紫外線などのダメージがなくても過度にメラニンを作り出している状態や、新陳代謝の乱れにより古い角質にメラニンが絡み付いて居座っている状態なのでなかなか手強く消えないものが多いです。

薄いシミやできたばかりのシミであれば、マッサージで肌のターンオーバーを整えることで改善できたり、メラニンの生成を抑える成分の化粧品を使うことで改善できたりします!

シミに効果的な成分とは?

化粧品は様々な種類があり、有名なモデルのおすすめ商品などを使ってみても自分の肌にはいまいち効果が出なかった・・・ということも多いですよね。

そこで、シミの予防や改善に効果的な成分がわかれば、自分の肌にはどの成分の効果出やすいのかなどを見分けやすくなります。有効成分を把握して効率よくシミをケアしましょう。

ここでは厚生労働省に認可されている医薬部外品の有効成分を紹介します!

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とはそのままだと酸化しやすいビタミンCを、肌に吸収させやすくしたものです。成分表記には「アスコルビン酸〜」などと表記されています。

シミの原因であるメラニンの生成を抑え、メラニン合成に関わるチロシナーゼという酵素の働きも抑えてくれます。シミの予防だけではなく、すでにあるシミにも働きかけてくれる優秀な成分です。

ビタミンC誘導体を配合しているおすすめ美容液はこちらです。

トラネキサム酸

トラネキサム酸はもともと炎症を抑える薬などに使われていたもので、化粧品には美白※成分として開発されたものが配合されています。そのため肌荒れが気になる人にもおすすめの成分です。メラニン生成の指令を抑える働きをしてくれるのでシミの予防に効果的です。

※メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ

アルブチン

アルブチンはコケモモの葉から抽出された成分です。メラニン合成に関わるチロシナーゼという酵素の働きを抑える力がありシミに効果的です。

アルブチンを配合し、浸透性と保湿力も高い美容液です。
気になる部分にピンポイントで塗りやすいクリームもおすすめです!

コウジ酸

コウジ酸はその名の通り麹菌由来のもので、日本で生み出された美容成分です。チロシナーゼの働きを抑える力があります。

 

ルシノール

ルシノールはPOLAが発見した美容成分で、チロシナーゼの働きを抑える力が前述したアルブミンより強い成分です。そのPOLAから販売されている美容液もあります。

カモミラET

カモミールに含まれる成分です。炎症を抑える作用や、メラニンを生成する指令を阻止する働きがあります。

ABOUT ME
mikanlemon
mikanlemon
ズボラとガリ勉が持ちつ持たれつ暮らしてます/《おてんば娘》を育てているので、主に育児の悩み解決策やおすすめグッズを紹介してます/仕事の知識を活かした美容やIT関連記事、引っ越し族ゆえの移住関連記事など/きっとあなたの役にも立てるはず・・・!