育児の悩み解消 PR

雛人形は今どきのコンパクトサイズを選んで後悔なし!マンション暮らしにおすすめ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

雛人形はいろいろなデザインやサイズのものがあって迷いますよね。

特に今どきの雛人形は大きいものやお人形のものばかりではなく、キャラクターや動物モチーフのものもあって選択肢が増えています。

親はむ

娘にも気に入ってもらいたいし、置く場所も考えなきゃだし…

親はむ

出し入れが面倒じゃなくて保管するときもスペースを取らないサイズがいいな…

という方も多いのではないでしょうか。

我が家はあまり広くないマンション暮らしなので、コンパクトサイズでかわいいものを探していました。

実際に検討した商品や購入したコンパクトな雛人形も紹介するので参考にしてみてください。

コンパクトでかわいいデザインのものや、今どきの雛人形を検討中の人におすすめの記事です。

今どきのコンパクトな雛人形で後悔するかもしれないこと

子どもが大きくなったとき

子どもが少し大きくなったときに、友達や親戚の子が大きい雛人形を飾ってもらっていたら羨ましがるかもしれません。

でも大きい雛人形は引越しやお嫁に行くときに持っていけないし、出し入れが面倒などのデメリットもあります。

大きければいいというわけではないので、今の暮らしや好みでコンパクトな雛人形のほうがいいと思うなら大きさにこだわる必要はないですよね。

子どもが少し大きくなったらその雛人形を選んだ時の気持ちや理由などを伝えてあげると、子供にとって一番素敵な雛人形になって気に入ってくれるはずです。

一軒家や広いマンションに引っ越したとき

今住んでいる物件に併せてコンパクトな雛人形を選んだ場合は、今より広い部屋に引っ越したときに「大きい雛人形を買っておけば良かった」と後悔するかもしれません。

子どもが大きくなるまでに引っ越す可能性のある方は、引越し先の部屋数などもイメージして、長い目で検討したうえで決めたら後悔しないで済みそうですね。

いったんコンパクトで可愛い雑貨のような雛人形を買っておいて、引っ越したときに大きくて立派な雛人形を買うという方法もおすすめです。

実際に我が家も引越しが多いので、今はうさぎの雛人形を買って毎年飾っています。

リーズナブルでコンパクトで名前の木札付きなのも嬉しいし、何よりめちゃくちゃ可愛いのでおすすめです。

もし今後一軒家や広いマンションに引っ越すことがあれば、その後に本格的な雛人形を検討するのもいいかなと考えています。

その時はうさぎの雛人形も玄関や部屋のインテリアとしてひな祭り時期に飾って使えるので、長い目で見ても後悔しなさそうなのでおすすめしたいです。

雛人形選びで後悔しないためのチェックポイント

ケースの有無

雛人形にはケース付きのものとケース無しのものがあります。

ケースがあるとホコリを被らずに飾れるメリットがあります。

ただしそのケース以下のサイズにはならないので、収納するときに嵩張りやすいのがデメリットですね。

ケースなしのほうがコンパクトに収納しやすいので、飾るときの便利さと収納するときの便利さどちらを重視するか考えて決めましょう。

出し入れするときの手間

雛人形を出し入れするときの手間がどれくらいかかるか、後悔しないためにチェックしておきたいポイントです。

装飾品が多かったり飾る位置がわかりにくくて大変だったりすると、年1回の行事とはいえ少し面倒に感じてしまいそうですよね。

出し入れするのが面倒な雛人形を持っている家庭では、子どもが高校生になったしもう飾らなくていいや…と、途中で飾るのをやめてしまう人もいるようです。

それなら手間がかからない雛人形を選んでおいて、子どもが成長するまで毎年楽しく飾れるほうが後悔しないですよね。

雛人形を置くスペース

雛人形を置くスペースを確保してから選ぶと後悔をふせげます。

せっかくお気に入りの雛人形を購入したのに、実際飾ろうとしたらスペースが足りなかった…なんてことになったら悲しいですよね。

飾りたい場所を測っておいて、購入前に雛人形のサイズと比較するのがおすすめです。

家族が増える、転勤などの可能性

将来子どもがまだ産まれる可能性があったり転勤の可能性があったりする人は、雛人形選びで後悔しないために考えておきましょう。

たとえば数年後にまた女の子が産まれたとしたらそれぞれの雛人形を飾ることになるので、上の子に大きい雛人形を買ってしまうと下の子の雛人形を飾るスペースがなくなるかもしれません。

未来のことはわからないので難しいですが、子どもが大きくなるまでの暮らしをイメージして雛人形を選ぶのがおすすめです。

木目込みか衣装着か

雛人形の衣装には木目込というタイプがあります。

これは好みの問題になるので、通常のタイプとどちらが好みか検討して決めるのがおすすめです。

今どきのコンパクトな雛人形がおすすめな人

  • 家のスペースに余裕がない人
  • 子どもが増える可能性がある人
  • 出し入れする手間がかかるのは嫌な人

今どきの雛人形はどんなものがある?

キャラクター雛人形

雛人形には人気キャラクターのデザインもあります。

ミッキーとミニーはシンプルで可愛いですね。

積み木として遊べるタイプもあります。

ひな祭り時期以外はおもちゃになるのでコスパがいいですね。

ミッフィー好きのための雛人形もあります。

うさぎなどアニマルモチーフの雛人形

我が家で実際に購入したのはこのタイプです。

キャラクタータイプも迷いましたがうさぎが可愛いのと、お値段も他と比べると可愛いので決め手になりました。

今どきのコンパクトな雛人形を選んで良かったこと

  • 小さい子でも喜んでくれる
  • 価格がリーズナブル
  • 出し入れが簡単
  • 収納や引越しのときも困らない
  • 怖くないものも多い

私の個人的な感覚になりますが、小さい頃は雛人形のお顔が怖くて少し苦手だったので、怖くない雛人形を選ぶのもポイントでした。

同じようにお人形が怖いと感じる人は、お顔が怖くない雛人形と言われているふらここの雛人形やキャラクター雛人形、動物モチーフの雛人形がおすすめです。

\*~*~ お役に立ったらシェアしてね ~*~*/
ABOUT ME
かんきつ
かんきつ
”楽しそうに生きてるママ”になりたい人のブログ/マイペース娘とやんちゃ息子の年子育児/”全てのパパママにゆとりを”がコンセプト/主に育児の悩み解決策やおすすめグッズ紹介/きっとあなたの役にも立てるはず・・・!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA