IT

Amazon Echo Showでクックパッドの使い方を色々試してみた

Amazon Echo Showを買って夢だったのは、キッチン周りで使ってみることです。

手を汚さずにレシピ検索しながら必要な調味料や分量がわかると幸せですよね。

今回はその使い方を実際にやってみた結果から紹介します。

アレクサにスキルを登録する設定方法

アレクサ、クックパッドのスキルを有効にして

この言葉でアレクサにスキルを登録することができます。

スキルはスマホでいうアプリのようなものです。

アレクサでレシピを検索する方法

アレクサ、生姜焼きのレシピを検索して

このようにお願いすると、自動でクックパッドを開いてレシピ検索してくれます。

※注意 アレクサが他の言うことを聞いてくれなくなった

アレクサがクックパッドのスキルを開いている時は、クックパッドに関する命令だけを効くモードに入っています。

そのため「アレクサ、音楽かけて」と言っても音楽をかけてくれません。

そのときは「アレクサ、終了」と言うとクックパッドモードを終了できます。

Echo Showの画面のレシピをスクロールできるのか

どうやらクックパッドのアプリはまだスクロールに非対応のようです。

公式の見解は特に設けていない様子です。ただ今回下記のキーワードで試してみました。

  • アレクサ、下
  • アレクサ、次
  • アレクサ、スクロール
  • アレクサ、他のレシピ
  • アレクサ、2番に下がって
  • アレクサ、2番を読み上げて
  • アレクサ、2番を見せて
  • アレクサ、下の方を検索

どれも反応せず残念な結果でした

料理中に手や画面を汚さずに操作したいのですが、このタイミングで触る必要が出てくるのが非常に惜しいですね。

手でクリックするか、スクロールした後に「アレクサ、4番」などと言って選択しなくてはいけません。

もし音声でスクロールできた方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください。

アレクサに手順を読み上げてもらう

アレクサ、手順へ

これでレシピを読み上げてくれます。機械音声ですけれどもそこまで耳障りな感じはありません。

アレクサに次の手順を読み上げてもらうには

アレクサ、次へ

「アレクサ、手順へ」と何度言っても最初の手順しか読み上げてくれません。

次の手順に進みたい時は「アレクサ、次へ」と言います。

また、手前の手順に戻りたい時は「アレクサ、前へ」と言うと戻ってくれます。

アレクサに材料を確認する

アレクサ、材料

「アレクサ、材料教えて」でも大丈夫です。

ただし残念なことにこのままでは分量は読み上げてくれません

アレクサに分量を教えてもらう方法

アレクサに分量を読み上げて欲しい時は

アレクサ、調味料教えて

と言う必要があります。

「調味料」と「材料」この言葉ひとつの違いで、分量まで読み上げてくれるか変わってくるので注意が必要です。

レシピ一覧に戻る方法

残念ながらレシピ一覧に戻る方法はなさそうです。

一個前のページに戻ることはできないので、再度同じキーワードで検索をかけるとレシピ一覧に戻る仕組みとなっています。

(例:肉じゃがのレシピ一覧に戻りたければ「アレクサ、肉じゃがのレシピを検索して」と言えばOKです)

同じページには飛べるので実装する必要はないかもしれませんが、使い心地の観点からは「戻る」機能をぜひ実装して欲しいですね。

まとめ

全体としてユーザに少し操作を覚えさせるようなアプリでした。慣れるまで大体30分くらいかかってしまうかもしれません。

でも少し覚えるだけで便利なレシピ検索アプリになると思います!

レシピ一覧を手動でスクロールしなくてはいけないところだけ少々残念ではありますが。。

アレクサはその他アプリとの連携もできます。

アレクサでぴよログを音声入力!連携方法や便利な使い方を紹介ぴよログは育児中に大活躍の育児記録アプリなので、知っている方が多いですよね。 そのぴよログをアレクサと連携すればもっと便利になるの...

またそれぞれ試していきます。

ご覧いただきありがとうございました。

ちなみにアレクサには別売りのスタンドがあり、つけると高さが出てキッチンで使いやすくなるのでおすすめです!

食費節約のコツ!特売品狙いより週1回まとめ買いの方が節約になる?!主婦の方は特に気になる日々の食費のお話です。 チラシをみてこまめに買い物に行くのと、週1回まとめ買いするのはどちらが食費を抑えられ...
ABOUT ME
mikanlemon
mikanlemon
ズボラとガリ勉が持ちつ持たれつ暮らしてます/《おてんば娘》を育てているので、主に育児の悩み解決策やおすすめグッズを紹介してます/仕事の知識を活かした美容やIT関連記事、引っ越し族ゆえの移住関連記事など/きっとあなたの役にも立てるはず・・・!